アラフォーの挑戦!MS-Japanで人事部への転職を目指す【その1】

アラフォーがMS-Japanで転職をする キャリア
※本文にプロモーションが含まれています。

こんにちは!

この記事では、社労士事務所で働くアラフォーがMS-Japanに登録して人事部への転職を成功させるまでの道のりを実況していきます。

これから転職を考えている30~40代に勇気を与えたい!

転職成功まで、どうぞお付き合いください!

社労士事務所勤務 5年

事業会社人事部 5年

BPO事業 2年

転職回数 7回(うち任期付1回)

定年まで働けるか?の答えが「NO」だった

社労士事務所で勤め始めて5年が経ちました。この間、5か所の事務所で働きました。

正直、これ以上社労士事務所で働く事に魅力を感じられません。

これから定年まで20年。年金をもらうまでの30年近くを社労士事務所で働くのかと考えたとき、無理だと思ってしまったのです。

そこで、これまでに経験してきた人事労務のスキルを活かせる転職を目指すことにしました!

MS-Japanとは?

MS-Japanとは「管理部門特化型エージェントNo.1」として多くの評価を得ている転職エージェントです。

MS-Japanを利用した方の90%以上が「次回転職の際にもMS-Japanを利用したい」と回答しています。実は私も以前の転職で利用したことがあり、今回はリピーターとしての登録です!

希望職種に精通したキャリアアドバイザーが担当

MS-Japanには管理部門に特化した知見を持つ専門のキャリアアドバイザーが在籍しています。

そのため「人事部に行きたい」という狭い範囲の求人でも的確なアドバイスと求人情報を提供してくれます。

社労士事務所の実態も把握しているため、社労士事務所からのキャリアチェンジの場合も安心して相談できるのもリピートの理由です。

MS-Japan

MS-Japanに登録したら「個別相談会」に申し込もう!

MS-Japanに登録をしたら、まずは「個別相談会」に申し込んでみましょう。

この相談会は、キャリアアドバイザーと1対1の面談となっています。

転職に関することなら何でも相談できるカジュアルな面談で、担当エージェントと初めて話ができる機会です。

転職時期が決まっていなくても、今できる準備や現在の求人動向など有益な情報を得ることができます!

事前に履歴書と職務経歴書を準備しよう

申し込み時には、履歴書と職務経歴書をアップロードすることが推奨されています。

準備ができなくても問題ありませんが、転職の方向性が決まっているならぜひアップロードしましょう。面談で経歴を確認する手間が省けるので、スムーズに話が進みますよ!

個別相談会はどんな事を話すの?

今回の個別相談会では、私が不安に感じているところを中心に相談をしました。

・アラフォーでも求人はあるのか?

・今の経歴で求人があるのか?

・希望の条件に合う求人はあるのか?

1時間弱の面談でした。

正直、厳しい状況だという事も含めて、今回の転職の方向が見えた有意義な時間となりました。

厳しいと言われながらも、面談後には希望条件に近い求人情報が数件届いたのは嬉しかったです。

キャリアアドバイザーと企業担当者が手厚く支援!

MS-Japanでは個人担当のキャリアアドバイザーが転職活動全般を支援してくれます。

さらに求人紹介や面接対応では企業ごとの担当者から、より細かいサポートを得られるのも魅力です。

転職活動は孤独との闘いになってきます。

書類選考で落ち、お祈りメールが届く日々が続くことも考えられます。

そのような時は遠慮なくキャリアアドバイザーに相談をして、方向修正をしていくことができます。

親身にサポートしてくれるので、独りで頑張らなくても大丈夫です。

MS-Japan

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます!

今後も、アラフォーがMS-Japanに登録をして人事部への転職を目指す過程を随時更新していきます。

来年の夏までには転職できるといいなと考えています。

今まさに転職活動中のアラフォーのみなさん!一緒に頑張りましょう!

これから転職を考えているアラフォーのみなさん!きっと大丈夫!頑張りましょう!

にほんブログ村 転職キャリアブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました